Uber Eats

【Uber Eats(ウーバーイーツ)】配達パートナーになるには?登録の方法について

”Uber Eatsの配達パートナーになりたい”
”どうやって配達パートナーの登録をしたら良いの?”

いざUber Eatsの配達パートナーに登録しようとしても方法がわからなかったりしますよね。

今回はUber Eatsの配達パートナーの登録方法について紹介をします。
【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

1.アカウント登録をしよう!!

最初の流れは”アカウント登録”になります。
※求人サイトよりUber Eatsの配達パートナーの登録している方は、アカウント登録が不要になります。

”アカウント登録”は下の登録ボタンから登録できます。

Uber Eats 配達パートナープログラム

下の登録ボタンを押すとUber Eatsの公式サイトにいきます。
アカウント登録画面はUber Eatsの公式サイト右側に
下の画像のような登録画面があります。

※記事作成時のアカウント登録画面になるので現在の画面とは異なる可能性があります。

アカウント登録画面

すべての登録が完了したら”次へ”のボタンを押します。
続いての画面が車両登録の画面になります。

2.車両登録

車両登録の画面はこのようになっています。
基本は自転車もしくは、原付き(125cc以下)の登録になります。

一番上の軽自動車またはバイク(125cc超)は選ぶことはほとんどありません。
副業で軽自動車やバイクを商業登録することはないですからねw

自動車もしくは原付きの登録完了したら
次はパートナーセンターに着てくださいという画面が表示されます。

パートナーセンターに着てくださいという画面から
必要書類の登録ができるので
パートナーセンターに行くまでに登録を済ませると今後の流れが楽になります。

必要書類って何が必要?

必要書類は日本国籍の方は身分証明書とプロフィール写真が必要になります。

・身分証

身分証として認められている書類は、

・パスポート
・運転免許書
・マイナンバーカード
・在留カード

いずれかの身分証を写真にとって提出します。

実際の画面はこのような画面になります!!

”写真を撮る”のボタンより写真をアップロードすることができます。

・プロフィール写真


プロフィール写真は今後配達する際に表示される写真になるので
ちゃんとした写真をアップロードすることをオススメします。

変な顔をアップロードすると恥ずかしいですからねw

アップロードが完了するとUber Eatsの配達パートナー用のアプリがダウンロードすることができます!!

アプリをダウンロードできたら、パートナーセンターに行って配達用のバックを受け取りましょう。

3.パートナーセンターですること

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

パートナーセンターでは面接をするわけではありません。

ちなみに大阪の心斎橋にあるパートナーセンターはこんな感じです!!

普通の会議室みたいなところがパートナーセンターでした。

パートナーセンターですること

・Uber Eatsで送金される銀行口座情報の登録
・Uber Eats登録の担当より簡単なアプリの使い方や働き方についての案内
・Uber Eatsの配達する配達バッグを受け取る

パートナーセンターですることもあまりないので
時間としては30分程度では終わります。

配達バッグを受け取ればいつでもアプリを起動すれば配達ができるようになります。

面接が面倒な人やすぐに働いてお金がほしいという人には良いかもしれませんね。

まとめ

事前登録をしっかりしていくとパートナーセンターでの登録が少なくて済みます。

直接担当者と話しながら登録したいという方は、
直接パートナーセンターに登録しに行くことも可能と聞きました。

面接がないのは一番うれしいです。

案外新しい仕事をするのに面接をするのは億劫ですからねw

わたしの登録の感想としては、

”こんなに簡単に終わるんだ”

というのが印象でした。

登録する際のわからないときなどの参考にしてください!!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム