Tips

【Uber Eats(ウーバーイーツ) Tips】鳴り止まない通知!?配達中に追加配達リクエストの通知が来ないようにするには?

雨の日の配達や平日の夕方の配達をしていると
Uber Eatsの配達パートナーが少ないため
配達完了をする前に追加配達リクエストの通知が鳴り止まない時があります。

”配達しても配達しても通知が鳴ってどうしよう?
少しは休憩したいのに通知を拒否するのも嫌だしな〜”

通知自体を拒否することはできます。
拒否をすると応答率が低下していきます。

実際の雨の日の配達で通知が鳴り止まなかったため
やむなく通知を2件拒否した結果の画像がこのようになります。

この応答率は配達パートナーにとっての信頼にあたるもので
あまりにも応答率が低いとアカウント停止といった問題が起こってきます。

”このままでは、雨の日の配達や配達パートナーが少ない時間に配達できない!!”

雨の日などは特別にクエストがあったりして
お金を稼げるチャンスなのに
休憩をするために通知を拒否をしていては元も子もありません。

そんなときのために追加配達リクエストが来ないように
設定する方法があったのです!!

今回は追加配達リクエストを停止させる方法を紹介します。

追加配達リクエストってどうしたら止めることができるの?

追加配達リクエストを止めるための
手順を記載しています!!

【手順1】
お客様の住所などを見れる画面を表示させます。
※個人情報が含まれているので個人情報の部分はモザイクをかけています。

【手順2】
さきほどのお客様の住所などが書かれている画面の写真内に
矢印をつけましたが、矢印の先の丸で囲ったところのボタンを押します。

【手順3】
手順2のボタンを押すとこのような画面が表示されます。

この画面の矢印の先のボタンを押すと追加配達リクエストの通知が来ない状態になります。

ちなみにボタンを押したあとの画面はこちらです!!

ちなみに『リクエストが停止しました』と書かれた横に
『☓』ボタンがありますがそのボタンを押すと再び追加配達リクエストを受けることができます。

配達中に紹介した手順をふむことによって
追加配達リクエストの通知が鳴り止まないという状態は避けることができます。

まとめ

雨の日や平日の夕方など配達パートナーが少ない時間帯は
通知が休む暇なく鳴る時があります。

仕事があることは良いことですが
受けれない仕事を受けてしまうと自分がしんどいだけです。

これ以上配達が厳しいなど思ったときは
予め追加配達リクエストの停止をするようにしましょう。

事前に停止することで
配達の通知を拒否することがないので
応答率が減ることがありません。

滅多にないことですが
何か会ったときの役に立てば嬉しいです。

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム